ハミルトン・ノーウッド分類法式

薄毛の進行度合いを知る方法としてハミルトン・ノーウッド分類法式というものがあります。
アメリカのハミルトン医師が作った薄毛の症状パターンの分類を後にノーウッド医師が改定した分類法で
AGAのパターンをⅠ型からⅦ型まで薄毛の進行度合いによって9種類に分類したものです。

進行パターンとして生え際から後退していくM字型ハゲと頭頂部から薄毛になっていくO字型ハゲに大きく区別され現在も
薄毛の進行度合いの目安として用いられています。

AGAを放置しておくと薄毛がドンドン進行し最終的には頭全体が禿げあがってしまうのです。

どんな病気でも早期のうちに治療を始めれば治癒の確立も高まり、早い回復が期待できます。

ハミルトン・ノーウッド分類によると、男性型脱毛症(AGA)には9つの進行パターンがあります。

Ⅰ型
額の生え際から薄毛が始まり、M字型に生え際のラインが後退して行くいわば初期症状です

Ⅱ型
Ⅰ型が進行し、M字型に後退した生え際の切れ込みがやや深くなった状態です

Ⅱ Vertex型
Ⅱ型から頭頂部のO 型薄毛を併発し、生え際と頭頂部で同時に薄毛が見られる状態です
Ⅲ型
Ⅰ型からⅡ型へ、そこからさらに症状が進行し、生え際のM字型ラインがより一層後退するとともに前頭部でボリュームが減ります
Ⅲ Vertex型
Ⅲ型から頭頂部のO型薄毛が同時に始まり、額、頭頂部、双方で薄毛が見られる状態です
Ⅳ型
M字型薄毛の進行したⅢ型からさらに生え際のラインが後退し、頭頂部のO型薄毛が同時に現れます
Ⅴ型
Ⅳ型がさらに進行し、生え際のラインはもはや額より頭頂部近くに後退します。また、頭頂部のO型薄毛も明らかに範囲を広めている状態です
Ⅵ型
生え際とO型の薄毛ゾーンが境界を無くして合体し、頭頂部から前頭部まで広範囲に発毛が見られなくなります。側頭部及び後頭部のみ発毛が残った状態です
Ⅶ型
Ⅵ型が進み側頭部の発毛も徐々になくなって、後頭部も上部はほぼ発毛が無くなった状態です

この分類は実際の薄毛の症例を集めてパターンを抽出して作られたもので、最初に分類法作成に取り組んだのがアメリカの医師ハミルトン氏です。その後にノーウッド氏が改定を行い、現在の形になりました。

AGAの始まりは額の生え際から症状が現れるケースが大多数なのですが、それは鏡に映りやすいため自分で気づきやすいからだ、とも言われています。

頭頂部から始まるAGAの場合は発見が遅れやすいため、治療を求めて診察を受けた段階ですでに一定の進行度合いを見せていることが多いようです。

AGAの治療で効果を上げるためには、少しでも早い段階で薄毛に気付き、対策を施す必要があります。

ハミルトン・ノーウッド分類の9つのパターンを認識し、頭頂部などの自分ではあまり目の届かない場所から薄毛が始まるパターンもある、と知っておくだけでも、セルフチェックで発見しやすくなるでしょう。

万が一AGAの疑いがある場合は、早期に専門クリニックにて医師に相談することをおススメします。

AGAの治療方法は様々ですが、医薬品を用いる治療の場合は効果の現れ方に個人差があります、そして投薬を継続しなければならないというデメリットがあることも承知しなければなりません。

ハミルトン・ノーウッド分類は欧米で広く使われている分類方法ですが、日本ではこのハミルトン・ノーウッド分類をアレンジした「高島分類」が現在一般的に脱毛症治療の現場で使われています。

なぜかというと、欧米人は前頭部から薄毛になるM字型ハゲの人が多いのに対して、日本人は頭頂部から薄毛になるO字型ハゲに人が多いという違いが見られるからです。

ハミルトン・ノーウッド分類ではⅢ型で頭頂部の薄毛に触れていますが、高島分類ではⅡ型から頭頂部の薄毛を入れています、これがⅡVertex型で、Ⅱ型の状態に加えて頭頂部がO字型に薄くなり、生え際と頭頂部で同時に薄毛が進行していきます。

この状態がもっと進むと前頭部の薄毛と頭頂部の薄毛がくっついたU字型ハゲへとなります。

AGA(男性型脱毛症)は、放っておくと症状がどんどん進行してしまいます。

このハミルトン・ノーウッド分類または高島分類は自分の薄毛の進行状態を把握する材料となります、薄毛が気になる方は自分の薄毛の状態が何型に分類されるのかを確認してそれに合った対策を講じてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする